監督委員の方へ

監督委員、調査委員の方へ(民事再生手続、会社更生手続)

倒産処理に慣れた公認会計士(監督委員補助者)

公認会計士も様々です。

監査会計士もいれば、税務会計士もいます。企業再生に必要な会計士は、倒産処理、緊急事態になれた会計士です。企業再生の場面では税務も特殊です。

財産評定は公認会計士であれば誰でもできる、というものではありません。そのチェックもしかりです。

法的整理時には、不正調査も必要であり、大手FASのような調査ではなく、法的手続に必要かつ十分な手続を施す必要があります。コストも限られています。

そして何より、法律家、ビジネスサイドとの翻訳家の役目を果たすことが必要で、法律とビジネスの言葉を解する公認会計士である必要があります。

泉会計事務所には、倒産手続に精通した公認会計士が多数在籍しています。事務所としては監督委員補助者案件だけで50件を超えております。

ぜひ、一度ご連絡ください。

繊細な調査技術

所長は、テレビ局勤務時代より、数々の不正を目の当たりにしてきました。

不正を発見するには、ただの調査技術だけでなく、調査対象者の心理状態まで勘案してヒアリングを行い、そのうえで資料に的確にあたる必要があります。

泉会計事務所では、監督委員の補助者として、債権者の側にしっかりと立った調査を行います。

速報レポート:

必要に応じて、調査日に速報版のレポートをお渡しします。従来の会計士、監査法人のようにレポーティングに何日もかかることはありません。民事再生はスピードが命。監督委員とのコミュニケーションをしっかりと確保いたします。